鶴亀三友福神図 尺三 遠山翠洋 筆(桐箱畳紙収納)

型番 D5-044-1
定価 25,000円(税込)
販売価格 12,500円(税込)
購入数


めでたさ極まりない吉祥縁起題材の集大成

つるかめさんゆうふくじんず
鶴亀三友福神図 尺三 遠山翠洋 筆

洛彩緞子本表装
●幅44.5×高さ175cm
●本紙:新絹本(手彩色)
●軸先:陶器

●桐箱畳紙収納
●表装品質10年間保証付き
●日本製

完全受注生産になりますので、出来立ての新品をお届けいたします。
10日程かかります。

古来より縁起の良い代名詞として崇められてきた松竹梅と鶴亀。長寿の象徴「松」と、霊力を宿す 「朱竹」、生め・産めに通じる「梅」はともに歳寒の三友として崇められ、つがいの丹頂鶴は一生添い遂げる夫婦円満の象徴。万寿亀は鶴と並び長寿の代名詞です。遥かに立ち昇る万物創生の源である旭日を背に、″波に乗って″やってくる宝船の七福神がめでたさに華を添えます。明るい吉祥の趣を醸し出し、一年を通してお飾りいただける開運吉祥の最高峰です。



尺三幅

表装品質保証書

「鶴亀」は長寿円満の代名詞
鶴は千年、亀は万年というように、ともに長寿の代名詞として知られ、特に鶴は一度つがいになると一生添い遂げるといわれ古来より夫婦円満の象徴でもあります。その流麗な姿と純白の羽が吉祥の趣で満ちあふれ、ともに慶賀の好題材として描かれてきた長寿円満の代名詞です。

歳寒の三友「松竹梅」は最吉祥の題材
千年の寿を保つという長寿の象徴「松」と、新春にどの花よりも先駆けて可憐な花を咲かせ、生め・産めに通じる生命力の高い「梅」、一日に数十センチも成長する驚異の生命力を持つ「竹」は、ともに古来「歳寒の三友」と称えられてきた最吉祥の題材です。

「宝船」は七福神が波に乗ってやってくる
私たちに最も馴染み深い神様としてしられる七福神。室町時代より良い夢を見るには、七福神の乗った宝船の絵を枕の下に入れて眠ると良いとされ、七福神が宝船に福をいっぱい載せて、″波に乗って″やってくるめでたさ極まりない題材です。
Top