「慶賀」7号セット 別誂紋入

型番 KE700
販売価格 71,280円(税込)
購入数

袱紗の色
風呂敷の色


儀式に欠かせない調度品を漆塗りの化粧箱にセットしました。



●広蓋越前塗13号(約28.5×39.6×5cm)
素材:天然木・漆塗 本金消し紋入り

●重目生地正絹塩瀬袱紗8号 (亀房付・色見本) (約28×30cm)

●重目生地正絹白山紬風呂敷二四巾 (色見本) (約90cm幅)
別誂紋入

風呂敷と広蓋にお名前をお入れできます。
加工日数:約一ヶ月かかります。
(お急ぎの場合はご連絡ください。出来る限り対応させていただきます。)

袱紗・風呂敷の色はこちら → 紋付用色見本


既製紋一覧表

ご注文の際に風呂敷・広蓋に入れるお名前を、
コメント記入欄に記入してください。

画像をクリックしていただくと拡大写真が出ます。


袱紗・風呂敷・広蓋の使い方



1,2 結納の場合:目録・家族書、親族書をのせた片木へぎ盆を広蓋にのせる。
    御祝の場合:お祝セット、お祝品を広蓋にのせる。

3,4 広蓋の上に、袱紗を掛ける。この時必ず紋を表にする。

5、  家紋入りの風呂敷で包みます。
    包み方は平包みで、まず広げた風呂敷の中央に、広蓋をのせます。

6、  最初に手前

7、  次に左を折る

8、  次に右を折る

9、  最後に紋を中央に来るように整えながら包む。

  お問い合わせは、どんな些細なことでもお気軽にどうぞ→ ともえや






Top