輪島塗 広蓋16号 磨金縁 本金盛上紋入

型番 WH16004
販売価格 349,920円(税込)
購入数


漆塗りの高峰の輪島塗の広蓋



輪島塗 広蓋16号 磨金縁 本金盛上紋入
 翌檜(アスナロ)使用(うるし手塗)
    木箱入・総布着・保証書付

サイズ:約34×49×6cm


お買い物を進めていただきますと
【紋入・名入商品のみ記入してください】の欄がございますので、
家紋名・お名前をご指定ください。
20日から30日ほどかかります。
(お急ぎの場合は納期限をお知らせください。
出来る限り対応させていただきます)



紋入の種類について

手描き紋入の種類
本金手描き紋入消紋:
1、紋の図案を描く
2、漆を置く
3、漆の乾き具合を見て粒子の細かい金粉を蒔き乾かす
4、紋の線、葉脈を入れて仕上げる
5、乾かす(出来上がり)
本金手描き紋入磨紋:
1、紋の図案を描く
2、漆を置く
3、漆の乾き具合を見て粒子の太い金粉を蒔き乾かす
4、拭き漆を紋の上に拭き金を固める
5、特殊な墨で金粉を磨く(艶出し)
6、紋の線を入れる(一般的に線は金で入れますが、黒線で入れることもあります)
7、最初の漆と異なる拭き漆を掛けて乾かす
本金手描き紋入盛上紋:
1、磨紋と同じ様に加工するが乾きの遅い漆を塗る
2、時間を掛けて乾かし、平らに磨いて又塗る
3、塗り・乾燥・磨きを5回位繰り返し紋の部分を盛り上げ
   金を蒔く。後は磨紋と同様にする。
4、紋の線を入れる(一般的に線は金で入れますが、黒線で入れることもあります)
※乾きの遅い漆を何回も塗るため、期間も長く、高価となる

磨き紋総布着

画像をクリックしていただくと、別枠で大きくなります
Top