開運ふろしき(二巾)

型番 yk2114
定価 1,944円(税込)
販売価格 1,555円(税込)
購入数


開運ふろしき タペストリーにも


●サイズ/約68cm幅
●品質/レーヨン100%

虹掛け鶴亀
〈無病長寿〉風呂敷

いたずらな虎の子
〈家内安全〉風呂敷

鯛小判
〈商売繁盛・金運上昇〉風呂敷

おっちょこちょいな風神雷神
〈天災除け〉風呂敷
 

 

開運ふろしき(二巾)


開運ふろしき(二巾)
虹掛け鶴亀
〈無病長寿〉風呂敷
開運ふろしき(二巾)
いたずらな虎の子
〈家内安全〉風呂敷
開運ふろしき(二巾)
鯛小判
〈商売繁盛・金運上昇〉風呂敷
開運ふろしき(二巾)
おっちょこちょいな風神雷神
〈天災除け〉風呂敷

画像をクリックしていただくと、別枠で大きくなります


虹掛け鶴亀 〈無病長寿〉風呂敷


吉祥をあらわす飾り組として用いられる水引で、無病長寿の日の出飛鶴と宝来亀、中央に走る虹を表現しました。風呂敷としてものを包むと対角で分けた金茶色と紅色、虹の水引によって美しく包むことができます。“長生きをしてほしい”という想いの込められた風呂敷です。
いたずらな虎の子 〈家内安全〉風呂敷
“虎の子”は、母虎が自分の子を大事に守り、非常にかわいがって育てると云われていることから、大切にして手放さない物や秘蔵の金品の喩えとして使われるようになった言葉です。巾着袋(=金嚢=宝やお金を入れるサイフ)の中から無邪気に飛び出ようとする3匹の虎の子に母虎は手を焼いています。宝であればあるほど、大切であればあるほど、自分の手の中で守ることは難しい。それでも“なにがあっても離さない”、“宝物を守る”という意味のこもった風呂敷です。
鯛小判 〈商売繁盛・金運上昇〉風呂敷
“太鼓判”は、太鼓のように大きい判を押すことで、確実であることを保証する意味の言葉です。この風呂敷では、荒波にもまれる赤真鯛(=海の王者)がはねればはねるほどに小判が湧き出る様子を“鯛小判”として表しています。荒波を世間に、鯛を人に見立て、もまれればもまれるほど、苦労すればするぼど、立身出世、金運が上昇するといった一念通天(=物事に専心して努力を続ければ必ず報われるということ)の意味がこめられた風呂敷です。

おっちょこちょいな風神雷神 〈天災除け〉風呂敷
団扇を貼り終えたばかりの風神。耳元でうるさく羽根を鳴らす蝿にイライラし、まだ糊が乾いていない団扇に止まった蝿を潰そうとしますが、誤って団扇に穴を開けてしまいます。これでは大風を起こせないと泣きっ面になる風神、一方その隣には太鼓を張り、三つ巴を描き終えたばかりの雷神。やっと作業が終わったと安心するも三つ巴の描き間違いに気付いてしまい、これでは雷を起こせないと困り顔になる雷神です。2011年の度重なる天災の数々から、今後は人々が天災に遭いませんようにという願いをこめた風呂敷です。
Top